ニキビと面疔の違いとは?2つの原因と危険性まとめ

人気の検索キーワード

面疔(めんちょう)という言葉を聞いたことはありますか?

あまり耳にしない言葉ですが、面疔は鼻の中や頭、おでこ、顎など顔の中心にできやすい「おでき」のことを言います。

自分の鼻をほじると爪や指で鼻の粘膜が傷つき、その傷口に雑菌が入り込むことでニキビができてしまいます。鼻がムズムズするからといって鼻をほじってはNG!

もし一瞬ニキビかな、と思ったとき、ニキビの薬が全く効かなかったり、鼻が変形するくらい腫れていたり、触ってみたら強い痛みが走った!という場合は面疔かもしれません。鼻周辺、特に鼻の穴にできたおできはいつものニキビではないかもしれないので注意が必要です。

面疔の場合、つぶしてしまうと最悪の場合、命を落としてしまうこともあるといわれているので、注意しましょう。

また、面疔の中にはそのまま放っておいたらいつの間にか治ってしまうこともあるようですが、何度も腫れを繰り返したり、これからこのおできはどうなるのか、不安を抱えたまま過ごすのは嫌ですよね。

ニキビと面疔の違い理解するためにも、『ニキビと面疔はどう違う?見分け方を解説!』も合わせて読んで下さい。

今回は、ニキビと面疔の見分け方、鼻のニキビができる原因や注意点等を中心に詳しく解説させていただきたいと思います。

目次

1.鼻の穴のニキビとはなにか?
1-1.面疔の見分け方ってどうすればいいの?
1-2.面疔とはおできの部分の呼び方

2.鼻にニキビができる要因とは
2-1.鼻への強い刺激
2-2.油分の多いファンデーション(化粧品)
2-3.鼻の毛穴が汚れやすい
2-4.ホルモンバランスの乱れかも
2-5.紫外線の刺激
2-6.日常生活の乱れ

3.おできの症状は?
3-1.顔や下肢、上肢、手足にも発生

4.おできの原因
4-1.ストレスが原因

5.鼻の穴にニキビができる要因
5-1.鼻炎症の場合
5-2.鼻毛を抜く行為

6.鼻の穴はどうなのか?
6-1.面疔になってしまうその理由は?

7.鼻の穴にニキビができたときの注意点とは
7-1.ニキビを潰さないこと
7-2.不潔にしないこと
7-3.鼻の入口のニキビは危険
7-4.自己判断せず病院に行くこと
7-5.刺激を与えないこと
7-6.暴飲暴食をしないように心掛けましょう

8.面疔の治し方とは?
8-1.軽度ならオロナインがオススメ!
8-2.ゲンタシン
8-3.内服薬ならミノマイシン
8-4.リンデロン

9.まとめ

1.鼻の穴のニキビとはなにか?

「鼻の穴のニキビとはなにか?」の画像検索結果

出典 | メンズスキンケア大学 

普段なんともない鼻の穴にニキビができると、鼻をかんだりすすったりするときに痛があるかと思います。なぜこんなところに鼻の中にニキビができてしまうのでしょうか?うっかり出てしまう癖などが原因かもしれません。また、ただのニキビではなく別の病気の可能性もあります。ここでは鼻の穴にできたニキビの原因や種類、できた時にはやってはいけない注意点などをお伝えしたいと思います。

1-1.面疔の見分け方ってどうすればいいの?

「面疔」の画像検索結果

出典 |  いき水のおじさんのブログ! 

まず、ニキビの原因というのは、毛穴に老廃物(角質や皮脂など)が溜まりそこからアクネ菌が増殖することが原因といわれています。その一方では、毛穴に侵入した黄色ブドウ球菌というものが原因で炎症を起こすことを「面疔」と指すのです。

ぱっと見た目は同じでも理由は全く異なるということを区別しておきましょう。見分け方は非常に難しく、赤く腫れていたり膿を持っているのはニキビでも面疔でも同じなのでわかりません。ただ面疔の場合、猛烈に痛かったりするのが特徴と言えるでしょう。

手で触ってみて、通常のニキビより痛く顔の中心部にできた場合は面疔の可能性が高いといわれています。また部分的に大きく赤みがあるのがニキビで、全体的に赤かったり、膿がたまっているようなグジュグジュとしているのは面疔ともいわれています。悪化すると症状が似て、ケアも判断しにくくなってくるので注意が必要ですね。

面疔は鼻の血管を通って、黄色ブドウ球菌が脳にまで達してしまい重い髄膜炎などを発症し、昔は死に至ることも珍しくなかったそうです。現在は抗生物質が開発されたため、それほど恐ろしいできものではなくなりました。

1-2.面疔とはおできの部分の呼び方

「おでき」というのは、正式にはいろいろな呼び方があります。英語ではBoilと呼びます。おできは、毛穴の周辺が赤くなってきたと思ったら、次第に大きくなって、気が付けば芯をもった赤いできものに膨れ上がっていることもあります。

おできは、大きさや部位で名前が違ってくるのです。米粒くらいのを「毛包炎」、それより大きいものは「せつ」、これが同時に起こって何十個ものできものが毛包にできてつながったものを「よう」と言います。また顔にできたおできは「面 疔(めんちょう)」 カミソリ負けするものは、「尋常性毛瘡(ねぶと、かたね)」ともいわれるそうです。

このようにおできは、全身のあちこちに現れたりします。できやすい人は、何度も繰り返してできてしまい、痕が残ってしまうこともありますから要注意と言えます。おできは、いったいどの様な場所にできやすくて、どうしたらできなくなるのか?鼻の内容を中心にご紹介していきます。

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビの治し方

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!