毛包炎はニキビとよく似たブツブツ!見分け方と予防法3つ!

人気の検索キーワード

ニキビは顔だけにできるものではありませんが、身体にできるニキビで範囲も広く、なかなか治らないものはありませんか?数が多くて全部治らないうちに新たにできてしまうなど、ニキビと少し違うような症状。それはもしかしたら「毛包炎」かもしれませんよ。ニキビとよく似た「毛包炎」についてご紹介しましょう。
目次

1.ニキビによく似た毛包炎って?
1-1.毛包が炎症を起こす症状
1-2.「マラセチア」というカビが原因のことも

2.ニキビと毛包炎の見分け方

3.毛包炎ができやすい場所

4.毛包炎ができる原因
4-1.ブドウ球菌による感染
4-2.ステロイドの過剰使用
4-3.皮膚が不衛生になっている
4-4.体力、免疫力の低下

5.毛包炎にならないためにすべきこと!
5-1.皮膚を清潔に保ちましょう
5-2.寝具、タオルも清潔に
5-3.規則正しい生活で免疫力低下に気を付けましょう

6.毛包炎の予防におすすめアイテム
6-1.コラージュフルフル 泡石鹸
6-2.コラージュフルフル石鹸

7.意外なものが「毛包炎」の原因になることも
7-1.ジャグジーなどの不衛生が原因の場合
7-2.医療機関での脱毛でも注意して

8.まとめ

1. ニキビによく似た毛包炎って?

ニキビだと思ってニキビ用の薬をずっと付けているのに、なかなか治らない、ニキビにしては数が多く範囲も広い、そんな症状はありませんか?ニキビと間違えやすいものに「毛包炎」というものがあります。原因も治療法もニキビとは違うようなので、ご紹介しましょう。

1.1.毛包が炎症を起こす症状

出典 |pinterest

「毛包炎」は毛穴の奥にある毛包に細菌が入り込んで炎症を起こす症状です。「毛包炎」の原因は「黄色ブドウ球菌」「コアグラーゼ陰性ブドウ球菌(表皮ブドウ球菌)」の感染が主な原因です。

「黄色ブドウ球菌」「コアグラーゼ陰性ブドウ球菌(表皮ブドウ球菌)」は私たちの皮膚に常時、存在してるきんで、「常在菌」のひとつです。

皮膚に普通にいる「常在菌」は皮膚のバリア機能や免疫力の低下、慢性的な皮膚炎などが原因で細菌が毛包部分に侵入し、「毛包炎」になってしまうことがあります。

1.2.「マラセチア」というカビが原因のことも

出典 |pinterest

「毛包炎」にもブドウ球菌以外の原因で起こることもあります。それは「マラセリア」という真菌、カビの一種が異常繁殖することでも起こります。

「マラセチア毛包炎」の原因菌

  • マラセチア・ファーファー
  • マラセチア・グロボーサ
  • マラセチア・シンポディアリス
  • マラセチア・ダーマティス
  • マラセチア・レストリクタ

この5種類がの細菌は健康な皮膚の表面に存在している「常在菌」です。ではなぜ、「マラセチア毛包炎」になってしまうのか?

人間は体内に侵入しようとするものを異物と認識すると免疫反応が働き、炎症などを引き起こして体内への侵入を防ごうとします。

異常繁殖した「マラセチア」に免疫反応が働き炎症を起こすのではないかと考えられています。また、「マラセチア」が皮脂を分解すると代謝物が生まれます。この代謝が刺激となって炎症を起こしているとこともあるようです。


1 2 3 4 5 6 7 8
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビの治し方, ニキビの種類別に対策, ニキビ場所別に対策, ニキビ知識

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!