ニキビの症状ごとに一番効果的な「ニキビの薬」を教えます!

人気の検索キーワード
肌あれピンチに7日間の救世主!

定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
dプログラムはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。
→詳しくはこちら

「ニキビをどう治したらいいかわからない!」を解決することができます。
すぐに再発してしまうニキビに悩んでいませんか?
カリフォルニア大学の薬学博士、ブライアン・ケラー博士によると、対策してもニキビが治らない人には、皮膚やコスメにある特徴があるとしています。
実際に97%の人が納得した、ニキビの治し方とは、、、
→詳しくはこちら

3.ニキビの治療薬って何があるの?

ニキビの治療薬と言われてもいまいちピンときませんよね。。その種類は身近のドラッグストアで購入できるものから、皮膚科で診断を受けて処方してもらう治療薬、漢方薬等沢山あります。最近ではオーガニック・オイル等も出てきました。毛穴の詰まりの段階では洗顔と保湿で充分治療することが可能です。

しかし、炎症を起こしたり膿が溜まってしまい悪化してしまうと、皮膚科に行くのが最もな手段です。なるべくならば、ドラッグストア、或いはコンビニエンスストア等で手軽に購入できて、ちゃんと自分のニキビの症状に効果がある薬を見つけることができれば便利だと思います。そこで、治療薬についての違いを区別しておきましょう。

3-1.薬の分け方

「一般用医薬品」、「医療用医薬品」、「医薬部外品」というものに大きくジャンル分けされます。

一般用医薬品の中でも第一種から第三種のくくりは、一般医薬品はOTC(Over The Counter)医薬品と呼称され、選んで購入することが可能です。注意することは、第一種医薬品は薬剤師により情報提供が義務付けられ、第二種医薬品は薬剤師や登録販売者が常駐する店舗でしか購入ができないということ。

医療用医薬品は医師の診断と処方が必要不可欠です。一般で入手することはできません。

医薬部外品とは薬用効果のあるケア製品ですね、ドラッグストアとかで比較的簡単に見つけられるものを指します。

ニキビ治療薬は一般用医薬品も多く販売されています。ですが本格的に治療したいのであれば、皮膚科で医療用医薬品を処方してもらうことをオススメします。

<< 下に続きます >>
重要:本気でニキビケアを考えるなら!

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレン のニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

90%の人がニキビ予防を実感することができたとして話題になっているのは オルビス のニキビケアです。
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
→詳しくはこちら

ビタミンCの浸透力でニキビケアをするのが VCスターターセット です。
低価格帯のニキビケア商品ながら実績は圧倒的で、ビタミンC化粧品に興味がある女性が選ぶランキング 4部門1位を獲得。
1800円で試すことができるため一度は絶対に試してみるべき商品のひとつです。
→詳しくはこちら

人気の記事

ニキビの症状ごとに一番効果的な「ニキビの薬」を教えます!

ニキビの原因は、ニキビのできる場所だけで分かります!
1 2 3 4 5 6

人気の検索キーワード!