ニキビの症状ごとに一番効果的な「ニキビの薬」を教えます!

人気の検索キーワード
肌あれピンチに7日間の救世主!

定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
dプログラムはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。
→詳しくはこちら

「ニキビをどう治したらいいかわからない!」を解決することができます。
すぐに再発してしまうニキビに悩んでいませんか?
カリフォルニア大学の薬学博士、ブライアン・ケラー博士によると、対策してもニキビが治らない人には、皮膚やコスメにある特徴があるとしています。
実際に97%の人が納得した、ニキビの治し方とは、、、
→詳しくはこちら

5.背中ニキビや胸元ニキビの広範囲に使う治療薬

背中や胸元等のような身体にできるニキビは広範囲にできることが多いです。実はニキビではなくカビの一種であるマラセチア菌のせいかもしれません。

背中や胸元のニキビはマラセチア菌が原因となっていることが多く、アクネ菌が原因となる顔のニキビとは対処法も異なります。マラセチア毛包炎といわれ、症状としては毛穴に赤いぶつぶつができ、痒みがあります。悪化すると痒みに加え痛みも発生し、膿が溜まることもあります。

出典 | ゼリア新薬コンシューマーヘルスケアサイト 

また抗生物質を広範囲に多用するのはリスクを伴います。マラセチア菌は多湿な場所を好むため、汗をかきやすく服で蒸れてしまうような背中や胸などの広範囲に好発します。自然治癒は難しく、アクネ菌とは違いカビの一種なのでニキビ治療薬では効果が無いこともあります。市販薬を購入する際はグリチルリチン酸二カリウム、サリチル酸を含むものを選ぶと良いでしょう。

そのような広範囲に塗る場合は市販薬「オロナイン」をまず試すといいかもしれません。大容量でさまざまな細菌に対応できるオロナインがベターな選択でしょう。それでも症状が治まらない場合は迷わず皮膚科で相談しましょう。

5-1.大きい炎症ニキビの場合

大きく腫れて激しい痛みを伴うニキビは炎症がひどいため抗生物質でないとなかなか治療しにくいです。炎症を抑える成分とアクネ菌を抑える成分の2つが配合されているものが有効です。炎症を抑える成分としては抗生物質とステロイドが効果的です。

病院で処方してもらうのがベターですが、応急処置として市販薬を使う場合は、面疔・毛嚢炎用の抗生物質が入った薬を選ぶと良いでしょう。市販薬としてはテラコートリル軟膏等がドラッグストアで販売されており、顔にも使用できます。上記で案内した市販のニキビ薬の中ではテラ・コートリルがそれに当たります。

テラ・コートリル

出典 | 【指定第2類医薬品】テラ・コートリル軟膏a 

ただし、このようなニキビ薬はアクネ菌の炎症を抑える薬なので、白ニキビや黒ニキビと言った毛穴の詰まっただけのニキビには効果はありません。

抗生物質とオキシテトラサイクリン塩酸塩、また副腎皮質ステロイドのヒドロコルチゾンが入っており、腫れたニキビによく効きます。他にもステロイド・抗生物質が配合されている市販薬はいくつかあり、抗生物質の種類やステロイドの種類が少し違っていたりします。

また、できてしまったニキビに効果があるのであって予防にはなりませんので、ニキビが治まった後は使用を中止し、洗顔と保湿でのケアに戻ることをオススメします。使ってみて効かない場合は、配合成分を確認しながら他の薬も試してみると良いでしょう。ただし、アレルギー等には充分注意しましょう。治りが遅い場合は必ず皮膚科に行くようにしてください。

5-2.ニキビ跡に対して

「ニキビ跡」の画像検索結果

出典 | ニキペディア 

ニキビ跡には色素が沈着したものと凸凹ができるのと大きく分けて2種類があり、それぞれ薬や治療方法も違います。ニキビ跡の正体は血中のヘモグロビンやメラニンの沈着によるものが多いです。

ニキビによって皮膚の奥、真皮にまでダメージが起こると出血し、真皮に血中のヘモグロビンが沈着してしまい赤く跡が残ります。炎症した赤みがそのまま茶色く色素沈着したものは、薄いものならシミ対策の飲み薬や塗り薬に効果を期待できると思います。

メラニンは日焼けした際、肌を紫外線から守るために生成される成分でありますが、ニキビで炎症を起こしたり膿ができた場合にも、肌を守ろうとしてメラニンが生成されて、茶色いニキビ跡になってしまいます。

赤いニキビにはビタミンCが有効です。肌の保湿の代謝を高めて、赤みを軽減してくれます。茶色いニキビにはビタミンAの一種であるレチノールが配合された市販薬が効果的です。

しかし、濃いシミや凸凹になってしまったクレーター毛穴は塗り薬や飲み薬では改善は難しいでしょう。残された治療法は皮膚科でのレーザー治療やピーリング等が挙げられるでしょう。見栄えをよくするための治療は美容皮膚科の管轄が多いので、保険適用外であり、大変高額になります。ニキビ跡にしないためにも、正しい薬を選ぶことが重要です。

また、ニキビ肌用の基礎化粧品には、メラニン色素の抑制や活性酸素を除去する作用をもつ「ビタミンC誘導体」が入っているものもあります。そのようなケア製品で日頃から色素沈着を防ぐことも大切です。

ニキビ跡を消すことに特化した化粧品の使用もおすすめです。赤みのあるニキビ跡を改善するためには、肌のターンオーバーを促す必要があります。集中ケアクリームや導入型化粧水等を選ぶと良いでしょう。

ニキビはないけどシミだらけ、それでは見栄えが悪いですよね。

5-3.皮膚科で治療してもらう

「皮膚科で治療してもらう」の画像検索結果

出典 | 健康と生活の医療Navi 

皮膚科では適切な治療や処置が受けられるため、ニキビが早く治る可能性が非常に高くなります。ニキビは悪化するとどんどん治り辛くなってしまいます。白ニキビや黒ニキビの段階でニキビに気づく事ができたら放置せずに早めに治療をしましょう。

例えば、レーザー治療、フォトフェイシャル、、ケミカルピーリング、イオン導入、ローラー、皮膚再生などの治療が医師の判断により受けることが可能です。

事が大きくなる前に、早めに対処しましょう。

 

<< 下に続きます >>
重要:本気でニキビケアを考えるなら!

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレン のニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

90%の人がニキビ予防を実感することができたとして話題になっているのは オルビス のニキビケアです。
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
→詳しくはこちら

ビタミンCの浸透力でニキビケアをするのが VCスターターセット です。
低価格帯のニキビケア商品ながら実績は圧倒的で、ビタミンC化粧品に興味がある女性が選ぶランキング 4部門1位を獲得。
1800円で試すことができるため一度は絶対に試してみるべき商品のひとつです。
→詳しくはこちら

人気の記事

ニキビの症状ごとに一番効果的な「ニキビの薬」を教えます!

ニキビの原因は、ニキビのできる場所だけで分かります!
1 2 3 4 5 6

人気の検索キーワード!