ニキビの新薬「ベンゾイル」は期待できる?注意と使い方とは

人気の検索キーワード

2.ニキビの有効成分『アダパレン』とは?

「アダパレン」の画像検索結果

出典 |  ekouhou.net 

市販のニキビ治療薬の成分表があったら見てください。アダパレンとはニキビ治療薬に含まれている有効成分のことを指します。このアダパレンが配合されている外用薬がニキビに対して効き目が期待できるというひとつの目安になります。当時2008年に日本で許可された「ディフェリンゲル」は、このアダパレンという有効成分が配合されたゲルになります。これが、日本の保険適用内でのニキビ治療の最先端でした。

ところが、昔から当時まで日本の一般的な皮膚科でのニキビ治療は、イオウ製剤外用薬と抗生物質が主で、多くの人が体質に合わずに副作用が多かったというデメリットがありました。しかし、ディフェリンゲルは多少副作用はありますが、イオウ製剤ほどではないというのがよいメリットです。アダパレン含有入りのニキビ治療薬が台頭にあがってきたということで、近年から爆発的にニキビ治療薬に需要が出てきたのです。

2-1.アダパレン配合のディフェリンゲル

「ディフェリンゲル」の画像検索結果

出典 | サザンガーデンクリニック(内科・循環器内科・小児科・皮膚科・アレルギー科) 

ちなみに上記でも説明しましたが、ディフェリンゲルは市販薬ではないので、医師の処方箋がなければ薬局で買えません。ディフェンゲルの費用は保険適用で530円程度です。このディフェリンゲルには、「毛穴の詰まりを防ぐ」という大きな作用があります。角質の生成を抑えて、角化による毛穴の詰まりを防いでくれるのがミソです。角化とは角質が必要以上に厚くなってしまうことを指します。ニキビは皮脂と角質が毛穴に詰まることによって引き起るので、ディフェリンゲルは、ニキビ発生から抑制してくれることになります。

また、既にできてしまった悪質なニキビに対しても、毛穴を開放し、詰まっている角質や皮脂の除去を手助けしてくれるでしょう。更に、多くの医師が認めるディフェリンゲルの作用として、肌のピーリング作用があるそうです。しかし、このディフェリンゲルは副作用があります。そのピーリング作用に敏感に反応してしまう人もいるということです。その理由は、角質の生成を抑制し、角化による毛穴の詰まりを防ぐ作用、その抑制が皮膚のバリア機能を薄くしてしまうため、肌が刺激に敏感になり、新しい炎症や乾燥、かゆみのような副作用につながってしまうというものになります。

使用方法に限って言えば、ディフェリンゲルの毛穴の詰まりを抑制する作用は、性別に関わらず使用可能です。ですが、年齢は12歳~36歳という制限もあります。もちろん妊婦さんや授乳中の方も使えません。用法用量をしっかり守ることが大切です。

 


1 2 3 4 5 6
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの治し方

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!