睡眠不足はニキビの大敵!寝不足でニキビができる原因とは?

人気の検索キーワード

ニキビや肌荒れがない健康な美肌を作るために、「睡眠不足は大敵!」なんて聞いたことありませんか?

これは本当できれいな肌作りには、良質な睡眠と睡眠時間が必要になります。

では、なんでそもそも寝不足が続くとニキビができたり、肌荒れが起きてしまうのでしょうか?

「なぜ寝不足が続くとニキビができるの?」

「睡眠は細切れに時間をとればいいもの?まとまった時間寝た方がいいの?」

「寝る時間帯は関係ないの?ゴールデンタイムって本当に関係するの?」

などの、睡眠とニキビに関する疑問に対して詳しく説明していきますので、

  • 最近ニキビが増えた
  • 睡眠不足が続いている
  • 夜眠るのが遅い

なんて方は参考にしてみてくださいね。

 

目次

1.睡眠不足がなぜ肌に影響する?
1-1.男性ホルモンが分泌される
1-2.抵抗力が衰える
1-3.ターンオーバーの周期が乱れる

2.睡眠時間はどれくらいがベスト?ゴールデンタイムってほんと?
2-1.ゴールデンタイムは存在しない?!

3.睡眠でできたニキビは改善する?
3-1.睡眠の質をあげることが重要
3-2.睡眠の質をあげる方法

4.まとめ

1. 睡眠不足がなぜ肌に影響する?

女性, 女の子, ベラ, 読み取り, 睡眠, 夢, 顔, リクライニングの女の子, 若い女性, 枕, シート

「睡眠不足は肌にとってNG」なんてことはもうほとんどの人が知っている事実です。

ただ、なんとなくいけないと知っているというレベルだという方が多いと思います。

なんとなく知っているレベルだからこそ、睡眠不足をニキビケアの中でも軽視しがちです。

なぜ睡眠不足が肌に悪影響を及ぼすのか詳しくわかれば、肌への影響を恐れてしっかり睡眠をとるはず!

睡眠をしっかりととらないと肌になぜ影響がでるのか、具体的にどんな肌荒れやニキビができるのか合わせて詳しく紹介していきます。

1-1. 男性ホルモンが分泌される

ニキビができる原因の一つとして、男性ホルモンの過剰分泌があげられます

男性ホルモンと聞くと、女性には関係ないように感じますが、実は関係あるんです。

女性にも男性ホルモンは存在し、この男性ホルモンは生活習慣やストレス、食生活などで多く分泌されるようになってしまいます。

男性ホルモンが多く分泌されると、肌を本来保護するために分泌している皮脂の量が増えてしまいます。

ニキビができる原因は、この皮脂が毛穴の中につまってしまうからであり、皮脂の分泌量が増えれば増えるほどつまりやすくなってしまいます。

つまり、男性ホルモンが多く分泌されるというのは、皮脂の分泌が増えニキビができやすくなるということ。

睡眠不足が続くとこの男性ホルモンが過剰に分泌されるようになってしまいます。

睡眠不足で男性ホルモンが過剰に分泌されることにより、皮脂量も増えて毛穴につまりニキビができてしまうといわけなんです!

睡眠不足も男性ホルモンを過剰に分泌される原因ですが、ほかにもストレスや喫煙なども男性ホルモンを過剰分泌させる可能性があるので気を付けてくださいね。

1-2. 免疫力・抵抗力が衰える

睡眠不足が続くと風邪にひきやすくなったり、大量を崩してしまったなんてことがある方もいるのではないでしょうか?

これは睡眠不足が続くことで抵抗力・免疫力が衰えてしまうからなんですよね。

なぜ寝不足になることで、免疫力が落ちるのかというと、睡眠中が免疫細胞が一番活性化するため、寝不足になることで免疫細胞が活性化されないからなんです。

睡眠の時間が短ければ短いほど、免疫細胞は活性化されないので免疫力が衰えてしまうことになります。

免疫力・抵抗力が落ちる、衰えてしまうことで、肌はニキビの原因となるニキビ菌と戦えずにニキビ菌を増殖させてしまいます。

このように、免疫力・抵抗力が睡眠不足により落ち、衰えることでニキビ菌が増えニキビができやすくなってしまうんですね!

睡眠不足は免疫を衰えさせてしまう一番の原因とも考えられますが、ほかにも免疫力は食生活の乱れなども関係しているので、しっかりと睡眠時間を確保し、バランスのいい食事を心がけることも大切です。

1-3. ターンオーバーの周期が乱れる

人間の肌はターンオーバーといって一定の周期で古い肌の角質層を剥がし落とし、新しい肌に生まれ変わるといった働きをしています。

このターンオーバーが正常に行われることでだんだんとニキビ痕が薄くなっていったり、ニキビが改善の方向へ向かうようになっています。

しかし、このターンオーバーが一定の周期に行われず、周期が乱れてしまった場合、古くなった角質層はそのまま残ってしまいます。

残った古い角質は毛穴につまり、それをエサに菌が繁殖し、ニキビができてしまうことがあるんです!

ほかにもターンオーバーの周期が乱れてしまうと、治ったニキビの痕も消えづらくなります。

睡眠不足が続くと、ターンオーバーの周期が乱れます。

ターンオーバーは、睡眠中に成長ホルモンというホルモンが分泌されることで行われます。

睡眠不足になるとこの成長ホルモンが分泌されず、ターンオーバーは正常に行われず、乱れてしまうんです。

このターンオーバーをしっかりと規則正しい周期に行わせて肌を修繕したいのであれば、しっかりと成長ホルモンを分泌させることが大切です。

この睡眠中に分泌される成長ホルモンについては後程詳しく紹介していきますね。


1 2 3 4
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビ知識

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!