ニキビの予防はどうすれば?手軽にできる予防法まとめ

人気の検索キーワード

2.スキンケアで予防する方法

「スキンケアで予防する方法」の画像検索結果

出典 | 肌らぶ 

スキンケアはお肌にとって必要な措置です。意識していきましょう。

健康な肌は肌内部で作られる水分や油分(脂肪間脂質)によって保たれ皮脂膜が外からの刺激をブロックしてうるおいを保っています。

ところが、過剰な洗顔など外からの刺激により、バランスが崩れると肌のバリア機能が低下し水分や油分が蒸発し、乾燥した状態になります。

乾燥した肌はうるおいを取り戻そうと過剰な皮脂をし、その皮脂が毛穴に詰まり、ニキビの原因となります。

2-1.洗顔のやり方に注意しましょう

しっかりと洗顔をして皮脂を落とし清潔にすることはニキビ予防には大切なことではあります。

しかし、洗い過ぎにも注意が必要です。なぜならば、洗顔をし過ぎて強くこすったり、洗顔料で刺激を与えるとニキビがさらに悪化してしまうからです。

さらに洗い過ぎることで、乾燥肌になってしまうことです。乾燥肌になってしまうと肌が油分が足りていないと判断して、もっと皮脂を補ってしまい過剰分泌につながります。このように洗顔に注意しないといけません。

ニキビを防ぐための洗顔は、余分な皮脂や汚れをしっかり落とす事が大切です。しかし、洗いすぎると肌に必要な水分や油分を取り去ってしまい乾燥を招き、過剰な皮脂が分泌されることもあるため、基本的に朝と夜の1日2回を目安にしましょう。

2-2.保湿はしっかりとケア

保湿は必要ないと勘違いしている人は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

皮脂が多く分泌されるのは思春期だけで、その他は肌が乾燥しているから皮脂を多く分泌してしまいます。

ニキビは毛穴の出口が開放されていればできません。しかし、肌が乾燥すると角質がはがれにくくなるので、角質層が厚くなっていきます。すると毛穴の出口も徐々に狭くなって、毛穴が詰まりやすくなります。

ニキビを治そうと、何度も顔を洗ったり、脂取り紙で顔の皮脂を取っていると逆に肌の乾燥が進んで、肌がオイリーになっていきます。肌の保湿をしっかりとすることで、皮脂の分泌を抑え、ターンオーバーを整えてニキビが治りやすく、またできにくい肌へと改善していきます。

2-3.ピーリングはどうか

ピーリングというのは酸などの化学物質を顔に塗って皮膚の古い角質をはがし、新陳代謝を促進することでニキビやニキビ跡を目立たなくするものです。

さらに閉じてしまった毛穴の入り口を開くことで、アクネ菌のエサである皮脂を毛穴からとり出し、ニキビができにくくします。

ひとつの選択肢としては覚えておきましょう。

2-4.オイルクレンジング

特に女性の場合は、メイク落としは普通の石鹸ではなかなかきれいに落とせませんから、オイルクレンジングを使うことになるでしょう。

オイルクレンジングにはメイク汚れを浮かせるため油分が多く含まれていますが、この油分が少しでも残っているとアクネ菌のエサとなり増殖してしまいます。クレンジングオイルを使用したら、必ずよく洗い流して、洗顔を心がけるようにしましょう。

メイクをしている場合は洗顔の前にクレンジングでメイクを落としましょう。化粧品は油性でできているため、脂汚れがキチンと落ちるクレンジング剤を選びたいですね。オイルタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプなど様々な種類がありますが、油性の汚れを落とすという機能は同じです。ニキビ肌には、肌になじみのよい洗い流せるクリームタイプや乳化ジェルなどがおすすめです。油性の汚れをしっかり落として洗顔しましょう。

2-5.ニキビに良い洗顔料の選び方とは?

ニキビを防ぐための洗顔料選びで重要なのは、肌にダメージを与えず余分な皮脂や汚れを落とす事です。

石鹸やクリーム、ジェル、粉など様々なタイプがありますが、自分の肌の状態に合わせて選ぶことをおすすめです。

泡タイプの場合

泡を立てるのが苦手という方には、泡タイプの洗顔料もおすすめだと思います。

ポンプ式できめ細かい泡がでるため、肌に負担をかけずに洗えるでしょう。

石鹸タイプの場合

一般的に固形石鹸は洗浄力も高くさっぱりと汚れを落とす事ができる代物です。

ちなみに、無添加のシンプルなものは洗浄力も強いため、乾燥タイプの方は添加物が少なく、植物エキスなどが入っている洗顔石鹸などがよいでしょう。しっかりとした泡を作るには市販の泡立てネットなどを使うと泡立てやすくなります。是非おすすめします。

ジェルタイプの場合

このジェルタイプというのは、水分が多く泡立ちやすく一般的に洗浄力が高いものが多いようです。選択肢の一つでしょう。

2-6.ニキビに有効な成分の入っているものを選ぶべき

肌の汚れや皮脂を落とすだけではなく、ニキビに有効な成分が配合された洗顔料を使う事も必要です。

炎症を沈める効果

・『グリチルリチン酸』甘草の根や茎に含まれる有効成分 ニキビの悪化を抑える抗炎症効果があり肌の炎症を沈めます。
・『ティーツリー油』殺菌消毒効果にすぐれているため肌を清潔に保つ効果があります。

角質を除去する効果

・『グリコール酸』サトウキビやブドウの実や葉などに含まれる有機酸
・『フルーツ酸』リンゴや柑橘系から抽出AHAと言われるフルーツ酸は角質を柔らかくしたり、 除去する効果があり、乾燥などでざらついた肌をなめらかに整えます。 ピーリング効果のある商品(石鹸や洗顔フォームなど)には成分の濃度が記載(1〜5%など)されています。濃度が低い方がピーリング効果が薄く肌にやさしいので肌の状態に合わせて選んでください。

>2-7.メイクは必ず落とすこと

ついつい飲み会で帰りが遅くなって、家に着いたらメイクしたままそのま洗顔まベッドに寝てしまうという女性も少なくないのではないでしょうか。

夜遅くで疲れていても、必ずメイクは落とすようにしてください。クレンジング剤で落としてしっかり洗顔するのがベストですが、面倒な場合は、シートタイプのメイク落としを利用するとよいでしょう。

メイクをした状態が長時間続くと、それだけで肌にストレスがかかりニキビの原因になってしまいます。飲み会等で遅くなることが多い人は、できるだけ肌にストレスをかけない化粧品を使用しましょう。

最近は肌にやさしい処方のベースメイク商品が多く販売されていますが、特にオススメなのがミネラルファンデーション。肌への負担が少ない処方ながら、しっかりカバーしてくれる優秀なアイテムです参考にしてみてください。


1 2 3 4 5 6
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!