膿んだニキビはどうする?すぐできる対処法とその予防とは

人気の検索キーワード

5.まとめ

冒頭でも述べましたが、一番良いのは、このような化膿した状態になる前にニキビを治すことです。膿んだニキビは、間違った方法で無理やり押し出してしまうと余計に悪化させてしまったり、ニキビ跡が消えなくなる場合も多いです。しかし、万が一潰してしまった場合も、先に挙げたようなケアアイテムなども活用し、適切なケアをすれば、跡として残るリスクを減らすことはできます。

化膿した状態になってしまうと、いくら正しい膿の出し方を守ったところでニキビは目立ちますし、毛穴の奥の袋が何らかの拍子に破れてしまうことだってありえます。そうなると炎症が広がって、何度も化膿ニキビに悩まされることになりかねませんし、肌サイクルのバランスが崩れて新たなニキビが発生する原因にもなってしまいます。

化膿ニキビができてしまった場合は仕方がないですが、これを正しいやり方で治した後は、全ての土台となる肌質を改善できるようにきちんとケアしていく必要があります。肌質が改善すれば、化膿ニキビまで発展する前にニキビを治すことができますし、そもそも初めからニキビができることもなくなります。

症状が重いと気分が塞ぎこみがちになるものですが、過度なストレスによって治癒力を下げてしまうということは往々にしてあります。

黄ニキビの膿は自分で出すことができます。しっかり消毒しておこない、押し出しすぎないようにするのがコツです。くれぐれも消毒、殺菌を心掛けてください。ニキビを潰した後の腫れや傷があまりに凄まじい場合は、セルフケアではどうにもならないことがあるでしょう。また、下手に触ることで膿んだり炎症がさらに広がってしまうこともあります。悪化の可能性もあるため器具の殺菌、滅菌に自信がない場合は皮膚科で出してもらうようにしてください。

できていると非常に悩ましいニキビですが、マスクなどで隠すと細菌が繁殖してしまいやすいため、こまめに取り換えるようにしましょう。

なんとか押さえるためにも、『アクネ菌の殺菌法教えます!ニキビをケアする上で大切な殺菌方法5つ』も合わせて読んでみましょう。

また、なかなか状態の改善が見られない人は皮膚科で見てもらいましょう。薬による治療や施術による治療により、治りが早くなることがあります。潰した跡の状態にもよりますが、膿ニキビの対処として参考にしてみてください。

 


1 2 3 4 5
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの治し方, ニキビの種類別に対策

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!