ニキビ跡の赤みが消えない!レーザー治療やコンシーラーによる消し方を紹介!

人気の検索キーワード

4.ニキビ跡をの赤みを予防するには?

予防方法をまとめています。赤みを残したくない方はぜひ参考にしてください。

4.1.体の中を改善して赤みを予防しよう!

gatag-00014231
赤みになる原因

  • ホルモンバランスの乱れ
  • ストレスのたまりすぎ
  • 睡眠不足
  • 生活習慣がよくない
  • 食生活が極端
  • 水分不足
  • タバコ
  • コーヒー

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが崩れることによって、ニキビ跡が残りやすくなります。糖質を控えたり、適度な運動をすることで改善できます。また、大豆などに含まれるイソフラボンはホルモンバランスを整える効果があるので、1日に1パック豆乳を飲むのがおすすめです。

ストレスのたまりすぎ

ストレスのたまりすぎはホルモンバランスの崩れにつながり、体に様々な支障をきたします。ニキビも同様ですので、どうしてもストレスはたまってしまうとは思いますが、適度に解消して予防しましょう。

睡眠不足

睡眠不足からくる体の不調にもニキビ跡は含まれます。仕事などでどうしても寝不足になってしまう場合は、規則正しい生活を心がければ改善が見込めます。

生活習慣がよくない

生活リズムがバラバラだと、ホルモンバランスが崩れやすく、ストレスも自然と体に蓄積されてしまいます。ニキビが非常にできやすい状態になりますので、できるだけ生活リズムは崩さず、休日も規則正しい生活を心がけましょう。

食生活が極端

糖質、脂質の過剰摂取はニキビの原因になります。また、代謝も悪くなる場合があるので、正常にターンオーバーが働かない事態に陥ります。おかしや油ものはここぞという時だけにしておきましょう。

水分不足

水分不足により、肌が乾燥しやすくなると、毛穴にアクネ菌がたまりやすくなります。適度な運動をした後もしっかりと水分をとり、肌の保湿とともに気をつけましょう。

4.2.外からの刺激にも注意して予防しよう!

0d55e097e93aaca356a9bfc336650db3

出典 | ギャザリー 

赤みになる原因

  • 紫外線の浴びすぎ
  • 肌が清潔でない
  • 肌が乾燥している
  • 間違った洗顔をしている
  • 薬を飲んでいる
  • 化粧品が肌にあってない

紫外線の浴びすぎ

紫外線対策をしていないと、肌の深部に色素沈着(シミ)が残り、ニキビ跡の原因となります。なにより内部で炎症を起こし、赤みが長期にわたって残ってしまいますので、UVケアは怠らないようにしましょう。

肌が清潔でない

ニキビの原因は毛穴のつまりですので、肌を綺麗にするだけでも予防ができます。髪の毛や寝具が汚れからくることが多いので、身の回りは清潔に保っておきましょう。

肌が乾燥している

肌が乾燥していると、肌を守る皮脂が過剰分泌され、ニキビの原因となります。化粧水などのスキンケア商品で肌の保湿は忘れずに行いましょう。

間違った洗顔をしている

強くゴシゴシと洗顔すると、肌の皮脂を余分にとってしまいます。余分にとってしまうと、皮脂の過剰分泌につながるので、洗顔料はしっかりと泡立て、なでるようにして洗いましょう。

化粧品が肌にあってない

化粧品などが肌になっていないと、顔にニキビができていた場合は悪化の原因となります。炎症を起こして、ニキビ跡の赤みが非常にできやすい状態になってしまうからです。


1 2 3 4 5
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビ跡を消す

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!