ニキビがかさぶたになって治らない!跡に残さないポイント3つ

人気の検索キーワード

炎症がひいてもなかなか治らないこともあるニキビ、本当にイヤなものです。しかもかさぶたになってしまうとニキビだったことも忘れてしまいますが、このかさぶたになってからが長いということもあります。ニキビがかさぶたになる原因と早くきれいに治す方法をご紹介しましょう。

目次

1.ニキビがかさぶたになってしまうのはなぜ?
1-1.かさぶたができる理由
1-2.かさぶたができるメカニズム

2.ニキビのかさぶたが治らない
2-1.にきびのかさぶたが治らない時に注意すべきこと
2-2.それ本当にかさぶたですか?

3.ニキビのかさぶたに赤みがあるけど大丈夫?

4.ニキビのかさぶたが取れた後にするべきこと

5.ニキビのかさぶたって隠し方が難しい
5-1.ニキビのかさぶたはメイクで隠す
5-2.ニキビのかさぶたを隠すメイクポイント

6.ニキビのかさぶた隠しに人気のコンシーラー
6-1.ファンケル スポッツカバーコンシーラー 1,944円

7.にきびのかさぶたは無理にはがさないが鉄則

8.まとめ

1. ニキビがかさぶたになってしまうのはなぜ?

ニキビは炎症を起こしても少しずつ収まりキレイに治ることもあります。炎症を起こさず変化のない時期が長く、いつの間にか治っているニキビもありますよね。ではかさぶたになってしまうニキビは何が違うのでしょうか?

1.1.かさぶたができる理由

かさぶたはニキビに限らずできるものですよね。しかし、何もない健康な肌にいきなりかさぶたはできません。かさぶたは傷ができ出血がある場合に、血液と血を止める役割の「止血栓形成物」という成分が混ざり傷口にフタをするのがかさぶたです。

1.2.かさぶたができるメカニズム

  • 傷ができ出血すると血小板が傷を塞ぐ働きをします。
  • 血小板の働きで初期止血し、次に「フィブリン」という血液擬固作用のある成分で完全に止血します。
  • 完全に止血されるまでに染み出てしまった血液と止血栓形成物が混ざってかさぶたになります。

このようにかさぶたは傷があり出血した状態でなければできません。ニキビにかさぶたができるのは何らかの理由でニキビが潰れ、その際、出血したと考えられます。

かさぶたには傷口をふさぐ、出血を止めるといった役割の他にも菌が侵入を防ぐという役割もあります。


1 2 3 4 5 6 7 8
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの治し方, ニキビ跡を消す

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!