お酒はニキビに良くないって本当?お酒とニキビの関係とは

人気の検索キーワード

アルコールは肌に悪いって常識ですよね。しかし、適度に飲んでおけばそこまで問題にはなりません。実は、飲み過ぎや睡眠不足が肌荒れの原因になることは、十分に考えられるということです。心当たりはありませんか?

基本的にはお酒やアルコールはニキビや肌荒れに対して悪影響を及ぼします。ニキビの炎症がない時であれば、うまいつきあい方を見つければ、アルコール飲料は十分に楽しく飲むことができると思います。

お酒とにきびの関係をより知るなら『お酒はニキビの原因になる?気になるニキビ跡との関係とは』も合わせて読むことをオススメします。

目次

1.お酒と言えばアルコール!どういう作用があるの?

2.お酒には糖分がかなり多い!皮脂が過剰分泌を促してしまう?
2-1.肌が乾燥してしまう?カサカサになるかも
2-2.アルコールで眠れなくなり睡眠不足に!
2-3.肝機能の低下がニキビの原因へ
2-4.ビタミンの大量消費で分解できない理由は?
2-5.お酒のせいで活性酸素が発生!炎症につながることも?
2-6.ニキビではなくぶつぶつが出るならアレルギーかも
2-7.一緒にしてしまいがちなタバコもできるだけNG!

3.適度に飲めば血行を促進してくれる!
3-1.甘いお酒の飲みすぎはやめておこう!
3-2.ビタミン不足なら飲み終わったあとにサプリメントで補給も

4.まとめ

1.お酒と言えばアルコール!どういう作用があるの?

酒 ニキビ

出典 | Bonne journée 

お酒を飲んだ次の日とか顔を見てみると、顔がむくんでいたり、メイクのノリが悪かったりしたことがありませんか?アルコールを飲むと肝臓の機能が低下しますよね。アルコールは体内に摂取されるとビタミンB群を消耗します。ビタミンBには肌の代謝を助ける働きがあります。皮膚の生まれ変わりを正常に行うことができずにニキビの原因になります。

 


1 2 3 4
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビ知識

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!