そのシャンプー大丈夫?シャンプーでニキビができる原因とは

人気の検索キーワード

食生活や生活習慣を見直したり、スキンケア商品を変えても顔や背中にできたニキビがなかなか治らない!とお悩みの方はいらっしゃると思います。

ニキビの原因が毎日使っているシャンプーにあることを聞いたことはありますか?

シャンプーで顔や体を洗うわけでもないのにどうしてシャンプーがニキビの原因になるの?と不思議に思う方もいらっしゃると思いますが、実はニキビとシャンプーには深い関係があるのです。

もしシャンプーがニキビの原因になっているのであれば、いくらニキビケアや予防を毎日しっかりしていても残念ながらニキビには全く効果がありません!

今回は毎日使うものだからこそ知っておきたいシャンプーがニキビの原因になってしまう理由から改善策まで詳しく解説させていただきたいと思います。ニキビを治すために様々なことを試したけれど一向にニキビが改善されないとお悩みの方はぜひ参考にしてください!

1. シャンプーがなぜニキビの原因になるのか?

出典 | 意外と知らない!?正しい「シャンプーの仕方」を解説! | クックパッドニュース 

 

シャンプーがニキビを作っているかもしれないと紹介しましたが、実際なぜシャンプーが原因となってニキビができてしまうのか不思議ですよね。

シャンプーでニキビができてしまう原因はさまざま考えられますが、毎日使うシャンプーが原因となってニキビをつくってしまう大きな原因は「シャンプーの洗い残し」です。

他にもシャンプーが原因でニキビができてしまう要素はたくさんあり、気づかずぬうちに毎日続けて行っているかもしれません!

シャンプーを使い気づかぬうちにニキビを使ってしまわないように、シャンプーでニキビができてしまう原因を詳しく紹介していきます。

1-1. シャンプーに含まれる成分がニキビの原因になる

シャンプーに含まれる成分を気にして購入していますか?シャンプーに含まれている成分といっても最近ではシャンプーにもたくさん種類があり、使うシャンプーによって成分はさまざまですよね。

ですがドラッグストアやスーパーなどどこでも市販されているシャンプーにはニキビの原因になりうる成分が多く含まれています。ただ全く以下の成分が含まれていないシャンプーを探すのはすごく難しいかもしれません。

以下の表で表記成分と成分の特徴をしっかり理解してシャンプーを選びましょう。

種類 成分表記名 成分の特徴
石油系界面活性剤 ラウレス硫酸・ラウリル硫酸  洗浄力が強く皮脂を洗いすぎてしまい、乾燥の原因になる可能性がある
アミノ酸系界面活性剤 ラウロイル・ココイル 泡立ちが悪いが、刺激が弱く肌にいいものが多い

種類が多く内容はピンキリだが、価格が高いものが多い

シリコン ジメチコ・シクロメチコン・シロキサン コーティング力があり髪につやを与えてくれるが、コーティング力が強いので毛穴を塞ぎやすい 

以上の表がシャンプーに含まれる成分と成分表記と成分の特徴です。

石油系界面活性剤を多くふくむシャンプーは高級アルコールシャンプーと言われることもあります。市販のドラッグストアやスーパーなどどこでも売っているシャンプーは石油系界面活性剤を多く含むものが多く、含まれる成分で一番注意すべき成分といえます。

石油系界面活性剤を多く含む高級アルコールシャンプーは、洗浄力が非常に強いです!洗浄力が強いと頭皮などの皮膚にとって必要な皮脂までもを洗い流してしまいます。

肌にとって必要な皮脂まで洗い流してしまうと乾燥肌にもなります。また、乾燥肌だけではなく乾燥によって肌は皮膚の危険を察知し「肌を潤わさなきゃ!」と、皮脂の分泌を過剰に行います。すると、過剰に分泌された皮脂は毛穴に詰まりニキビになってしまいます!

ニキビだけではなく、乾燥で頭にかゆみがでてふけがでたり、皮脂が過剰に分泌されることで脂っぽい髪質になってしまうこともあるんです・・・。

このように肌の乾燥を避けるためにも石油系界面活性剤を多くふくむシャンプーはなるべく避けた方がいいですね。

アミノ酸系界面活性剤は、洗浄力が低い分、肌への刺激が少ないものが多く敏感肌の人などは好んで使っている方が多いのですが、洗浄力が弱いためしっかりと洗わないと洗い残しが起きてしまい洗い残した皮脂などが毛穴に詰まってしまいニキビの原因になってしまうことがあるので注意です。

石油系界面活性剤に比べて肌への負担が少ないアミノ酸系界面活性剤を含んだシャンプーは、大量生産ができて価格の安い石油系界面活性剤を含んだシャンプーに比べて価格が高いのが一番のデメリットで毎日使う消耗品のシャンプーなので高い価格だと続け辛いのが難点です。

 アミノ酸系の界面活性剤は、天然由来の合成界面活性剤です。原材料は天然の物を使いますが、作られる過程でいうと合成界面活性剤になります。たとえば、商品の成分表記にアシルグルタミン酸、ラウロイルメチルアラニンNaと書かれてあれば、アミノ酸系の界面活性剤です。 

 アミノ酸系シャンプーの洗浄成分(界面活性剤)とは | スキンケア大学 | http://www.skincare-univ.com/article/006689/ 

また、シリコンは最近ではノンシリコンシャンプーなども流行しているの含まれていないものもありますが、シリコンには髪の毛の表面をコーティングしてくれる効果があり、髪の毛がつややかに見えるのでメリットもありますが、コーティング力が強いあまりに毛穴を詰まらせてしまい皮脂やシャンプーなどがつまりニキビの原因になることがあります。

ただしっかりと洗い流すことを心がければデメリットが多いイメージのシリコンもそこまで害はありませんので、過剰に反応して避ける必要はないでしょう!

1-2. シャンプーの洗い残しがニキビができる一番の原因

シャンプーの洗い残しがニキビの原因になると聞くと頭皮ニキビのイメージが強いですが、シャンプーの洗い残しが原因でできるニキビは頭皮ニキビだけではなく、顔や背中のニキビもシャンプーの洗い残しが原因でできてしまうことがあります。

お風呂に入るときに頭を最後に洗ったりはしていませんか?他にも髪を洗ったあとの体の洗浄がいまいちだったりはしませんか?

髪を洗ったあとシャンプーやリンスを洗い流すと洗い流したときの泡が体にたくさん付きます。前述でも紹介しましたが、市販のシャンプー(特に石油系界面活性剤が多く含まれるもの)が顔や背中に付着してしまうと肌の必要な皮脂が奪われてしまいますし、洗い残した泡が毛穴に詰まってしまいニキビの原因になってしまいます。

シャンプーが原因で顔や背中にニキビができる原因のほとんどはこの洗い残しが原因です。顔や背中にニキビを作らないためには洗顔や体を洗う前に必ずシャンプーを先に行いましょう!

もちろん顔や背中のニキビ以外にも頭皮のニキビはシャンプーの洗い残しでできてしまうのでしっかりと頭皮のニキビの予防やケアのためにもシャンプーはしっかりと洗い流しましょう。

石油系界面活性剤は泡切れがよくて、触った感じでは洗い流しきれたような感覚になりやすいのですが、それは錯覚で実際は洗い残しがあることが多いです。シャンプーでの洗浄は必要な皮脂のとりすぎでの乾燥の原因となってしまいますが、すすぎは問題ないのですすぎは入念に行うことが重要です。


1 2 3 4
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの治し方

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!