塩を使ってニキビ肌改善!理由とその方法3つ

人気の検索キーワード

ここ最近、目にする機会が増えてきた「塩洗顔」という言葉を知っていますか?あの食事に使う、どの家庭にもある「塩」で美肌を手に入れられるというのです。

塩には殺菌効果、浸透圧による汚れを出す効果があります。そのため、ニキビにならない肌を作り出すことが出来ますし、美肌を作り出すことが出来るんです♪

しかし、この素晴らしい効果を得るためには注意しなければならない点もあるのです。正しい方法を知り、それを行なうことでキレイな肌を作りましょう!

この記事では、今流行りの塩を使った美肌対策方法、その方法を行なう上での注意点をご紹介します。また、記事の途中では、ニキビ跡に効果はあるのか?というテーマにも触れていますよ。

塩とニキビの関係については『塩でニキビが治せる?塩洗顔の3つの効果とケア法とは?』でも紹介していますので、合わせて読んでみてください!

ぜひこの記事をよみ、掲載されている塩洗浄方法でキレイな肌を手に入れましょう!

目次

1. 塩にはニキビ改善近道の成分あり♪
1-1. 浸透圧効果で汚れを肌の汚れを出す
1-2. 発汗作用がすごい!
1-3. 新陳代謝アップで肌再生に貢献!
1-4. 殺菌作用でアクネ菌に効果アリ
1-5. ニキビ跡にはどうなのか?

2.塩で肌に健康にする方法3つ☆
2-1. 飽和食塩水を顔にぬる方法
2-2. スクラブ効果!塩マッサージ
2-3. 背中ニキビに効く!塩風呂

3. 塩洗顔&塩風呂をする際の注意点
3-1. アトピー&敏感肌はNG
3-2. キズがあるとき
3-3. 炎症ニキビがあるトキ
3-4. 塩風呂はサビに注意

4. まとめ

1. 塩にはニキビ改善近道の成分あり♪

出典 | いらすとや 

塩は、料理をする家庭であれば必ず常備してある調味料です。お料理において、塩は食料の水分を吸収し、味付けをしっかりつけられますね。また、お魚などを焼く際に塩を振ると、身の水分をとり、プリンとした歯ごたえを楽しむことができるようになります。

そんなお料理に使われる塩ですが、美肌効果も私たちにもたらしてくれるのです。

なぜかといいますと、塩にはミネラル成分がたくさん含まれているからなのです。その成分の中でマグネシウムには、肌をなめらかにしてくれる作用、ナトリウムには肌を引き締める効果があります。

また、塩の浸透圧の効果により、肌内部の水分と共に汚れを出してくれるんですね♪

まとめると、塩には汚れを取り出しながら、肌をひきしめ、発汗作用によりターンオーバーを促進してくれるのです。そして、ニキビの原因になる毛穴のつまり除去、毛穴の開きをひきしめ、肌の再生を促すターンオーバーが行なわれるのです。

それぞれ詳しく見ていきましょう☆

1-1. 浸透圧効果で汚れを肌の汚れを出す

塩洗顔は、浸透圧効果を利用して行なわれます。私たちの身体は生理的食塩水で満たされていますよね。その食塩水よりも塩分の濃度の高い食塩水をくっつけることにより、食塩濃度を平等にしようという働きがおこります。

出典 | 風の動物病院ブログ 

私たちの顔にその食塩水を塗ると、肌内部の水分が外に出るようになるのです。

そして、肌の中から水分が出て行く過程で肌内部にある汚れも一緒に外に出るのです。そこで毛穴の中にある小さな小さな汚れも一緒に外に出るんですね。

そうすると毛穴の中に汚れがつまらなくなります。ニキビの原因は毛穴に汚れがつまり、そこにアクネ菌がすみつき、アクネ菌が増殖してしまうことにあります。でもこうやって汚れを取り除くことが出来れば、アクネ菌は増殖することはないのです。

毎日の顔洗顔だけでは取れない汚れを塩洗顔によってソフトに取り除くことができるのです。

1-2. 発汗作用がすごい!

塩には発汗作用があります。それを利用して、塩風呂に入るのです。

出典 | 手汗のミカタ 

発汗作用がアップするとどうなるのでしょうか?汗っかきの方は、汗をかくのはごめんだ!なんて考えているかもしれませんね。しかし、冷え性の方や汗のかきにくい方は、意図的に汗をかくようにしなければならないのです。

そんなときに記事の後半でご紹介している塩風呂に入ると汗だくになるほど汗がでます。

汗により、体中の毛穴が開きます。そして、毛穴の中の汚れを出すのです。

また、塩には引き締め効果もあるので、開いた毛穴から汚れが出た後に毛穴を引き締めてくれるのです。

1-3. 新陳代謝アップで肌再生に貢献!

汗だくになるということは、体中の血液の流れが良くなることを指しています。
そのため、血液の流れが良くなると体温もアップし、新陳代謝がスムーズに行なわれるようになるのです。

出典 | アンチエイジングライフラボ 

また、血液の流れがスムーズになると食事で摂ったビタミンなどの肌の再生に関わる栄養素を、身体のそれぞれの細胞に運びやすくなります。ニキビのためにビタミンが含まれる食事を摂取しているのに、効果が出ない方はもしかしたら血液循環が悪いからかもしれないのです。

あなたは冷え性でありませんか?そういう場合こそ1-2. でご紹介した発汗できるような状態に水からすべきなのです。

肌再生は必ず新陳代謝が必要です。もしも肌の再生を感じられないのであれば、塩を積極的に利用すべきでしょう。

1-4. 殺菌作用でアクネ菌に効果アリ

塩には殺菌効果もあります。いつも口にしている塩だからこそ、殺菌作用があるなんて聞いて驚かれたのではないでしょうか?

しかし、これは事実で塩によってアクネ菌に働きかけてくれるのです。また、顔のニキビを悪化するのはアクネ菌ですが背中やからだのニキビを悪化させるマラセチア菌の殺菌に大いに役立ってくれます。

それは、塩洗顔で顔にピンポイントに働きかけるのもいいですし、塩風呂で体中を殺菌するのもいいですね♪

塩は悪霊退散してくれる!?

出典 | GATAG 

塩は、お葬式の後に使いますよね。それは、葬式の会場から幽霊がついてきた場合、その人(幽霊)を家の中にいれない、という効果があるようです。

また、塩風呂は昔からカラダを清める方法として行なわれていました。美肌やニキビ改善を行なうために塩風呂に入るのもいいですが、もしもここ最近、うまくいっていないなあなんてときにも塩風呂に入ることをオススメします。

体が清められて心身ともにスッキリするはずですよ☆でもこれって、実は塩に殺菌効果があるからこのような言い伝えができたのかもしれませんね。

1-5. ニキビ跡にはどうなのか?

出典 | いらすとや 

塩はターンオーバーを促進してくれますし、殺菌効果があるため今あるニキビを治す働きをしてくれますね。では、ニキビ跡にはどうなのでしょうか?

色素沈着系のニキビ跡である場合、ターンオーバーを促進し、肌の再生が正常になれば長い時間がかかりますが、シミをなくすことができます。

でもクレーター型などのデコボコニキビ跡は完治するのはとても難しいです。なぜならば、そのニキビ跡が再生不可能であると言われている真皮層を傷つけている可能性があるからです。

ですから、塩を使ってこれからニキビ跡にならないように今あるニキビ治療をするにはいいでよう。また、新にニキビの出来ない健やかな肌を手に入れるのにイイでしょう。

ここで注意しておきたいのですが、色素沈着系のニキビ跡はすぐに治るモノではありません。シミができてしまっている角質層がめくれるまで肌の再生を繰り返す必要があるからです。1枚向けるのに健康的な方であれば28日周期ですから、かなり深いところにあるメラニン色素は時間がかかります。

美は一日にしてならず!です。


1 2 3 4
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビの治し方

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!