お肌のターンオーバーを正常化してニキビを治そう!

人気の検索キーワード

皆さんはお肌の「ターンオーバー」についてご存じでしょうか?

スキンケアに興味のある方や、お肌の仕組みについて詳しい方なら一度は聞いたことのある言葉だと思いますし、もしかしたらその仕組みについてもご存知の方は多いかもしれません。

実はお肌のターンオーバーは健やかなお肌を保つ上でとても大事なのですが、ニキビに関してもお肌のターンオーバーが、ニキビが発生するかどうかの鍵も握っているのだそうです。

また、ニキビ跡を改善するのにもお肌のターンオーバーが関係しているのだとか。

そこで、今回はお肌のターンオーバーについてその仕組みをまとめていきたいと思います。

ターンオーバーとにきびの関性については『ニキビのない美肌に!ターンオーバーの理想のサイクルとは?』でも紹介していますので、合わせて読んで下さい。

また、ニキビとの関係性やターンオーバーを整えるための対処法もご紹介したいと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

1.お肌のターンオーバーについて知ろう
1-1. ターンオーバーの仕組み
1-2. ターンオーバーは早すぎても遅すぎてもダメ!?

2. お肌のターンオーバーとニキビの関係
2-1. お肌のターンオーバーがニキビを左右する!?
2-2. ニキビ跡改善にもターンオーバーが重要

3. ターンオーバーを正常化するために
3-1. 洗願を見直そう
3-2. 良質な睡眠を意識してみよう
3-3. 食生活を見直そう
3-4. 運動する時間に気を付けよう

4. まとめ

1. お肌のターンオーバーについて知ろう

ターンオーバー ニキビ
それでははじめにお肌のターンオーバーそのものについて、仕組みなどを知っていきましょう。

1-1. ターンオーバーの仕組み

参照サイト:https://kireca.com/turnover/http://hadalove.jp/turn-over-612

ターンオーバーとは「お肌の新陳代謝」のことで、皮膚細胞の生まれ変わりのことを指します。

では、詳しく知るために、まずは皮膚の構造からご説明したいと思います。

ターンオーバー ニキビ

出典 | https://kireca.com/wp-content/uploads/2015/12/skin_001.gif 

皮膚は「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の三層から成り立っており、ターンオーバーは一番上の表皮で行われます。

ちなみに皮下組織は、一番奥深くの組織で動脈や静脈が通っており、栄養を運んだり老廃物を排出する役割を担っています。

また、真皮は皮下組織の上にあり、皮膚の大部分を占めている組織です。お肌のハリを握るコラーゲンをはじめ、弾力を保つエラスチンや潤いを担うヒアルロン酸などで構成されています。

そして、お肌のターンオーバーが行われる表皮は、真皮が約2ミリの厚さであるのに対して、約0.2ミリと大変薄い膜で構成されています。ターンオーバーだけでなく、異物の侵入や水分の蒸発を防ぐ役割があります。

構造としては、表皮は「基底層」、「有棘層」、「顆粒層」、「角質層」の4層構造になっています。

ターンオーバー ニキビ

出典 | http://img.hadalove.jp/ 

一番奥深くにある基底層でつくられた細胞は、有棘層、顆粒層、角質層へと順に形を変えながらお肌の表面へと押し上げられていきます。

14日間かけて角質層まできた細胞は生命力の無い細胞となり、それが老廃物となってまた14日間かけて自然にはがれ落ちていきます。これがターンオーバーの仕組みです。

私たちが皮膚にすり傷が出来たり、日焼けをしても元の肌に戻ったりするのは、このターンオーバーの仕組みがあるからなのです。

正常だとターンオーバーは約28日周期と言われていますが、年齢を重ねることで遅くなったり、間違ったケアで早くなったりすることがあります。

では、次にターンオーバーが正常でないとどんなお肌のトラブルがあるのかを見ていきましょう。

1-2. ターンオーバーは早すぎても遅すぎてもダメ!?

ターンオーバー ニキビ
参照サイト:https://kireca.com/turnover/

お肌のターンオーバーは正常ですと28日周期なのですが、遅くても早くてもお肌のトラブルが出やすくなるそうです。

では、そのトラブルがどんなものかについてご紹介したいと思います。

 ターンオーバーが早すぎると起こりえるトラブルとは

お肌のターンオーバーが早いというと、どんどん新しいお肌に生まれ変わるような気がして、良いことのように思いがちですが、実は充分な準備が出来ていない細胞がお肌の表面に出てくることになってしまうことになります。

そうすると、充分に育っていない細胞で構成された角質層はお肌を守るバリア機能が弱くなってしまいます。

また小さく薄い角質は、水分の保持力も低くなり、乾燥のトラブルが起きやすくなります。痛みやすくもなり、それが敏感肌や肌荒れへと繋がる場合もあります。

他にもお肌の過敏さが増し、シミが出来やすい状態になることもあります。

ターンオーバーが早くなる原因としては、角質ケアのしすぎや洗願のしすぎなど、間違ったスキンケアが原因になっていることが多いようです。

 ターンオーバーが遅すぎると起こりえるトラブルとは

お肌のターンオーバーが遅くなってしまうと、自然とはがれおちるはずの老廃物が残ってしまうことになりますので、角質層が厚くなってしまいます。

すると、毛穴がふさがれることになるので、皮脂や古い角質が詰まりやすくなってしまいます。

また、古い角質が残ったままになることで、お肌がくすんで見える原因にもなります。この期間が長くなるほど、くすみだけでなく、お肌のたるみやごわつきの原因になると言われています。

ちなみにターンオーバーが遅くなる原因としては、年齢を重ねることで細胞の働きが弱くなってしまうことが原因といわれています。

ただ、年齢に関係なく、生活習慣やスキンケアの方法などでもターンオーバーが遅くなってしまうことがあるようです。


1 2 3 4
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの治し方

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!