ヨーグルトパックでニキビは対策できる!その使い方って?

人気の検索キーワード

ヨーグルトが食品として優秀だということは有名ですよね!

ヨーグルトは胃腸の環境を良くしてくれたり、免疫力を上げてくれたり、花粉症にも効果があるとも言われていますが、お肌にヨーグルトを塗ることでニキビにも効果があることを耳にしたことはありますか?

でも、ヨーグルトをニキビができた顔に塗るのはちょっと抵抗がある方も中にはいらっしゃるかもしれませんね。

ヨーグルトにはみなさんもご存知の乳酸菌が含まれており、雑菌の繁殖を防ぐ働きを持つため「天然の防腐剤」とも呼ばれています。

ヨーグルトパックは正しい方法でしなければニキビの炎症を悪化させてしまう可能性もありますので、今回はコスパのよいヨーグルトパックがニキビにどのような効果を与えるのか、正しいヨーグルトパックの作り方などを詳しく解説させていただきたいと思います。

ヨーグルトでニキビを治すことに興味がある方はぜひ参考にしてくださいね!

目次

1.ヨーグルトパックが肌にいい3つの成分
1.1フルーツ酸
1.2乳酸菌
1.3亜鉛

2.なぜ、ヨーグルトパックがニキビにいいの?
2.1保湿効果
2.2ピーリング効果
2.3ターンオーバーの活性化
2.4ニキビへの効き目

3.ヨーグルトパックのニキビへの効果
3.1美容皮膚科医の目線から
3.2角栓&黒ずみに効果
3.3保湿効果も抜群なヨーグルトパック
3.4脂質性に効果的
3.5ニキビ痕にも効果的

4.ヨーグルトパックの間違った使い方は効果なし
4.1パッチテストを必ずする
4.2長時間の放置はしない
4.3ヨーグルトパックの理想的なやり方
4.4日焼け時はやらない

5.ヨーグルトパックの作り方
5.1プレーンヨーグルトパック
5.2ハチミツヨーグルトパック
5.3抹茶ヨーグルトパック
5.4ココアヨーグルトパック

6.市販のヨーグルトパック
6.1ヨーグルトパック玉の興
6.2ピュアスマイル

7.まとめ

 

1.ヨーグルトパックが肌にいい3つの成分

ヨーグルトは健康や美容にいい成分が含まれていることは、みなさんご存知のことだと思います。ヨーグルトで美肌が目指せることをしっていましたか?

ヨーグルトは食べても健康によく、パックをしても美肌が目指せる3つの成分が含まれているのです。では、その成分について詳し説明していきます。

1.1フルーツ酸

出典 | かれきゅれ 

美肌に効果がある有効成分はヨーグルトに含まれる「フルーツ酸」がまずひとつめにあります。フルーツ酸とは、名前の通りフルーツに含まれている成分を抜き出すことが多いことから呼ばれるようになりました。このヨーグルトに含まれるフルーツ酸はアルファハイドロキシン酸です。フルーツ酸にはクエン酸やリンゴ酸や乳酸やシトラス酸があり、これらを全てひっくるめてフルーツ酸と呼んでいます。

フルーツ酸の特徴は、肌に付いている古くなった角質を溶かし、ターンオーバーを促すピーリング効果があることです。フルーツ酸は肌に塗ても、刺激感じることが少ないため肌に優しく、肌の新陳代謝を活性化する効果もあります。フルーツ酸はメラニンを減少させる作用があるため、シミ・くすみなどの改善にも有効です。また、乾燥肌を改善する働きやシワにも効果があるので、肌の厄介な症状が頻繁に起きる方には、おすすめの成分になります。

1.2乳酸菌

出典 |アンチエイジングの赤鬼青鬼  

ヨーグルトに含まれる乳酸菌の働きには、腸内環境を整え、便秘解消や整腸作用の効果があるとされています。そのためヨーグルトを毎日食べている人もいます。また、乳酸菌は腸内環境を整える以外にも、肌に塗ると美肌になる成分があるともいわれます。

肌の水分量を保つ作用が乳酸菌にはあるので、保湿効果の期待が持てます。また、肌のハリを取り戻すコラーゲンの生成機能を高めることにも有効なのです。弾力のある肌に戻したり、美白にも効果が期待できます。

腸内のバクテリアを殺菌する作用もあることから、乳酸菌が腸内環境を整える訳なのです。殺菌作用は肌にも有効的で、ヨーグルトを肌に塗ることで、肌にすみつくバクテリアの増殖を防ぐ作用から、アトピー性皮膚炎の治療にも用いられています。

1.3亜鉛

出典 |ビビコ  

亜鉛もヨーグルトには含まれていますが、亜鉛はニキビの予防や改善にとても効果があるといわれます。アクネ菌と戦う亜鉛は、その働きからニキビの薬にも配合されることが多くあり亜鉛がもたらすニキビの効果は高く評価されています。また、シミやそばかすを薄くする働きもあり、美白を保ち続けたい時には救世主です。

亜鉛はサプリなどを用い摂取すると肌の改善に効果的なので、肌に塗る以外にも有効摂取ができます。また、亜鉛を摂取する時にビタミンCと一緒に摂ると、更に美肌効果が上がります。外側のケアだけでなく内側からもケアすることによって、肌ドラブルを改善することができます。亜鉛はホルモンバランスを正常にしたり、妊娠中の胎児の成長を助ける働きもあるので、女性にとって欠かせない栄養素となります。亜鉛不足は女性にとって大敵です。


1 2 3 4 5 6 7
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの治し方

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!