ヨーグルトパックでニキビは対策できる!その使い方って?

人気の検索キーワード

4.ヨーグルトパックの間違った使い方は効果なし

出典 |低コストなのに優秀!ヨーグルトパックで今すぐ理想の白うる肌へ 

ヨーグルトパックには効果がないとネットなどで口コミしているのを目にしますが、ヨーグルトパックのやり方を間違えて行った場合には、効果がでるどころか逆に肌に悪影響を及ぼすこともあります。ヨーグルトパックのやり方は間違ったやり方をしないように気をつけましょう。

どのようなやり方をすると肌によくないのか説明します。

 

4.1パッチテストを必ずする

例えば、髪の毛を染める時に必ずパッチテストしてください。と注意事項が書かれているのと同じく、ヨーグルトパックにもフルーツ酸というピーリング効果のある成分が含まれていてるため、お肌に合わない方も中にはおられます。肌の強い部分へのパックではないため、必ずパッチテストを行なって、肌に異常が出ないかを確認の上ヨーグルトパックをするようにしましょう。

パッチテストのやり方は、ヨーグルトをガーゼにのせ、顔の気になる場所にヨーグルトをのせたガーゼを当てます。顔にのせてから15分くらい経過したらガーゼを外し、皮膚に赤みや腫れが起きていないか確認しましょう。万が一起きていた場合は、ヨーグルトパックをするのを止めましょう。

 

 

4.2長時間の放置はしない

肌のピーリング効果になる刺激のあるヨーグルトパックは強い刺激を与えるわけではありませんが、長い時間を放置することにより、ピリピリ感じたり肌を痛めてしまう原因になるので時間は守りましょう。放置する時間は10分~15分。長くても20分がおすすめです。

 

4.3ヨーグルトパックの理想的なやり方

出典 | 美肌の作り方 〜正しいスキンケアの基本〜  

理想的なヨーグルトパックの使用方法は、週に1回から2回、1日10分から15分です。ニキビに効果があるからといって、毎日 続けたり、長い時間放置したりすると肌への負担が大きくなり、返って肌に悪影響になります。

ピーリング効果があるものなので、毎日では肌に刺激があり過ぎます。

 

4.4日焼け時はやらない

日焼けした後の敏感な肌には刺激を与えることはいけません。日焼け後に入浴しても、肌がピリピリするようなら、ヨーグルトパックなどは禁物です。肌の調子が回復してきてから行いましょう。また、日焼け後の皮が剥けている肌にも、ヨーグルトパックは刺激があり向いていません。日焼けが完全に治ってから行ないましょう。


1 2 3 4 5 6 7
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの治し方

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!