ゼビアックスローションでニキビを適切に治しませんか?

人気の検索キーワード

ニキビの原因であるアクネ菌やブドウ球菌の働きを抑えてくれる「ゼビアックスローション」という薬をご存知ですか?

このゼビアックスローションはニキビだけではなく表在性皮膚感染症という厄介な肌トラブルにも効果があるといわれています。

1日1回、洗顔後に適量をニキビ患部に塗るだけでニキビがきれいに治ると今話題になっているゼビアックスローション。

細菌が原因となる化膿性の症状にも使用されることも多いのですが、ゼビアックスローションは抗菌薬・抗生物質というものに分類されます。

効果が高い治療薬である分、薬の取り扱い方も十分に気をつける必要があることを覚えておきましょう!

今回はニキビ用塗り薬「ゼビアックスローション」とニキビの関係について詳しく丁寧に解説させていただきたいと思いますのでぜひ参考にしてください。使い方については『ゼビアックスローションの正しい使い方!白ニキビも効く?』でも紹介しています。合わせて読んでみて下さい。

目次

1.ゼビアックスローションって知ってる?塗りやすいニキビ薬なんです!
1-1.キノロン系外用抗菌剤とは?

2.基本的にゼビアックスローションは何度も使用する必要がない?
2-1.抗生物質は耐性菌に気を付けなければならない!
2-2.ディフェリンゲルとの併用も可能?

3.ニキビの原因を理解してみてから投与してみよう
3-1.初期ニキビにゼビアックスローションは効いてくれるの?

4.ニキビにはすぐには効果がない!
4-1.ニキビ跡には役割が持てないので注意
4-2.ゼビアックスローションの副作用は?

5.まとめ

1.ゼビアックスローションって知ってる?塗りやすいニキビ薬なんです!

「ゼビアックスローションって知ってる?塗りやすいニキビ薬なんです!」の画像検索結果

出典 | kirei-kenkou 

正式名称は、『ゼビアックスローション2%』という名前です。ゼビアックスは皮膚科で処方されるニキビの塗り薬の中でも、キノロン系外用抗菌剤(抗生物質)の新薬としてまだまだこれからのものなんですね。このゼビアックスはマルホ株式会社が2016年1月に発売を開始して、全国の皮膚科で新薬としてニキビに対して処方されるようになってきました。

 

ニキビ用の抗生剤としてはこれが一番新しい薬になります。抗生剤なのでニキビの原因になるアクネ菌やブドウ球菌の増殖を抑えてくれる役割があるんです。特に、ゼビアックスローションは化膿性炎症を伴うニキビでの効能・効果となっています。正確には、細菌が増殖する際に必要となる酵素「DNAジャイレース」を阻害し、DNAの複製を止める作用があります。

1-1.キノロン系外用抗菌剤とは?

「キノロン系外用抗菌剤とは?」の画像検索結果

出典 | ヘルスケアPOCKET【病気の症状・原因・治療法を解説】 

アクネ菌やブドウ球菌などの細菌への抗菌作用により、尋常性ざ瘡(ニキビ)や表在性皮膚感染症を治療する薬の総称です。主に、抗菌薬を含有する抗菌外用剤になります。皮膚感染症の原因菌であるブドウ球菌やアクネ菌を殺菌・除去することにより、赤みや腫れを改善します。いわゆる おでき、とびひ、赤ニキビを含め、細菌による皮膚感染症の治療に用いられます。

 


1 2 3 4 5
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの治し方

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!